FC2ブログ

設計変更

 2011-02-25
2,3か月前にホイールをフレーム内側に内蔵し,縁石なぞの障害物からホイールを保護しようと設計を変更しました。

テント設営し,フレームキャンバス上のホイール泥よけあたりに障害物を置いて,寝心地,居住性に問題がない事を確認しましたが,泥よけを設置する事により次のようなマイナス点が出てきました。

1 フレーム内側に収めるための構造追加による若干の重量アップ。
2 フレームに吊るキャンバスベッドとパイプ接触面減少によるキャンバス強度減少の恐れ。
3 テントポール格納の不都合

本来,自転車で牽引するためあらゆる点で軽量化を考慮しなければいけません。シンプル イズ ベスト!


Tent coloring2

軽量化,強度アップのため,最初の外にホイールを出す上記のような外側にホイールが出るデザインに戻すことにしました。ホイールの保護にはフレームにプロテクターを設置し,直接ホイールに当たらないようにします。
スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫