FC2ブログ

試作とマスプロダクション

 2011-06-18
マスコミお披露目の為の試作車製作はいよいよ最終段階には入って来ました。

市販前モデルとは言え,それぞれの構成パーツはホームセンターでその形を為して売って居る訳ではありません。素材としてはありそうです。 パイプを型に合わせ,曲げ,穴あけ,溶接,ステンレス板をレーザーカッティングにて切り,穴あけ加工,溶接,とプラモ製作の様に,ガチャ,ポンと出来るものではありませんので,時間と手間がかかります。

マスプロダクションでは様々な金具,型を特別に用意するので,時間,コストが大幅に削減できます。

自転車トレーラーとしての走行特性,問題,キャンピング時の快適性は此の2年半で勉強,追求して来ましたので,あとは市販モデルに反映するだけです。

スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫