FC2ブログ

開発初期のサイクルトレーラーキャンプ

 2014-05-28
自転車を乗りこなす事は自信が有りました。

しかし、サイクルトレーラーなるものについては皆目知識が有りませんでした。 昔、ゴミ回収のおじさんが自転車の後ろのリヤカーに山と家具、ゴミを積み込み、自転車を押しているのを良く見かけました。

間違っても自転車を漕いで、荷物を積んだリヤカーとも移動していたのは見た事が有りません。 自転車の荷台に金具をボルトで固定、リヤカーから来たパイプの先端とを鎖の駒2,3個でつなぎ、がちゃがちゃとうるさい音を出していましたね。

さて、ウエブでの情報は大変限られていて、知った事は山道が大変しんどいという事でした。 海外ではサイクルトレーラーが大変ポピュラーなのは、安全性が確立されている事だろうと、日本での走行も問題は無かろうと。

自転車とトレーラーの連結、フレーム強度、直進性、ブレーキング時の挙動、どれだけ荷物を載せられるのか?
どれだけ坂道を上るのはしんどいのか? 分からない事ばかりでした。

それじゃあ、自作して試してやろうと思ったのが始まりです。
MTBfirtsCamp.jpg

写真はフォールディングバイクでコッド改造のトレーラーをテストしているものです。このあと、斜度10〜14%の急坂300mを登っています。バカな事をよくやりましたね!
スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫